「シャン・チー」の主人公シム・リウを紹介!強い?能力は?【マーベル新作】

映画

2021年9月3日の公開が決まったマーベルの最新映画『シャン・チーとテン・リングスの伝説〜』

なんと今回の映画の主人公はMCU史上初となるアジア人ヒーローとなる。

MCU映画第1弾の『アイアンマン』のストーリーを受け継いだ期待作で、
主人公シャン・チーに大抜擢されたのが、俳優のシム・リウである。

今回はそのシム・リウと彼が演じる主人公チャン・チーについて紹介していく。

映画「シャン・チー」 

幼い頃、父であるウェンウーによって「世界最強の暗殺者」にするため鍛えられたシャン・チー
しかし、父による悪夢のような日常から脱却し、普通の日常を得るために逃走。
10年後、シャン・リーを自分の元に取り戻そうと父が動き出す。
最悪の親子関係の二人がぶつかる。
シャン・リーは父親の手を掻い潜り、「父が作った自分」から
一人の人間として、確立することができるのか!

この映画は、アイアンマンとの関連があると言われていました。

噂では、
「シャンチーはマンダリンの息子である。」とのこと
このマンダリンがシャン・シーを鍛えた父なのかは不明。

ちなみに、英語のwebサイトなどでは、彼の父の名前はウェイウーとなっており、
この噂自体もしかしたら、真実ではないのかもしれません。

マンダリンは、アイアンマン1、3でヴィランとして登場しており、
アイアンマンの宿敵とも呼べるヴィランです。

映画内では更なる関連があるかもしれません!

主人公 チャン・チー

シャンチーは「マスター・オブ・カンフー」という異名を持ち、
武術家として肉体的な戦闘はもちろんヌンチャクといった武器の使用にも長けています。
普段は漁師として生計を立てているとのこと。

マーベルヒーローということで、特殊能力などが気になりますが、
彼には特にそういった能力はないようです。

シャンチーは特殊能力を持ちませんが、鍛え上げた肉体とヌンチャクを使った戦闘が得意です。

さらに、カンフー特有の「」を用いてヴィランと戦います。

MCUのアベンジャーズにおいてはホークアイブラック・ウィドウと同じ部類に属すると考えいいでしょう。

モデルとなっているのは…

シャンチーは中国生まれの武術家ということもあり、特にカンフーを得意とするキャラクターです。

そんなシャンチーが生まれるにあたって参考になったのが、みなさんもご存知の実在する中国系格闘映画の巨匠であるブルース・リーである。

マスター・オブ・カンフー」という異名もブルース・リーから来たものであり、間違いなくそのモデルであることがわかります。

スポンサーリンク

シム・リウのプロフィール

名前

Simu Liu

生年月日

1989419

年齢

32

出身地

中国

国籍

カナダ

身長

183cm

職業

俳優、作家、スタントマン

俳優としては2012年から活動を始めています。
当初はテレビのドラマシリーズを中心に活躍。

5歳の頃にカナダに移住し、大学卒業後は、デロイトで会計士として働いていたそうです。

2013年に映画デビュー作は海外版ガンダムとも呼ばれていた『パシフィック・リム』です。
この映画では、メインキャラクターではなく、ただのエキストラとして登場。

同じく今年公開映画「women is loser」では、主要キャラクターとして登場。

今回の映画で初めて主演を務めます。

シム・リウのInstagram

SNSの方では彼のトレーニングの様子などが投稿されています。

プライベートでもカンフーボルダリングバスケットボール水上スキー、と数多くのスポーツに取り組み、運動神経の良さがうかがえます。

この鍛え上げられた体を駆使して、チャン・チーの役に挑むわけですね!
楽しみですね!

まとめ

本日は、今話題の新マーベル映画「シャン・チー」の主人公とその役を演じるシム・リウについて紹介してきました。

予告公開から少しずつこれまでの謎がわかりだしたと同時に、新たな謎も増えてきましたね!笑
この映画はもともと2021年5月公開予定だったのですが、コロナの影響で延期になっていたものです。

ファンの方々も公開が待ち遠しいですね!

また、新たな情報がで次第、追記してきますね!

コメント