黙示録の四騎士のキャラクター紹介!ストーリーや設定を紹介【七つの大罪続編】

マンガ

 大人気漫画『七つの大罪』で起こった聖戦の16年後が『黙示録の四騎士』で描かれています。

7つの大罪のメインキャラクターの子どもたちやキャメロットの王・アーサーのその後など気になることが多く残った前回作でありましたが、今作の『黙示録の四騎士』で描かれてくるそうです!

黙示録の四騎士のキャラクター一覧

現在(2021年8月現在)26話まで描かれています。
まだ、物語の始めまりということもあり、なかなか各登場人物の
詳細については不明な点が多いです。

しかし、物語初めから次々と新たなキャラクターが登場していきているので、
毎回わくわくがたまりません!

今回は簡単にこれまでに登場している
メインキャラクターをを紹介していきます。

パーシバル一行

パーシバル


「黙示録の四騎士」のうちの一人。
”死”をつかさどる「黙示録の四騎士」である。
本物語の主人公。

16歳になるまで、祖父と二人きりで育ったため、
世間の常識が全くわからない。

純粋で優しい心の持ち主でである。
他の人の問題ごとなどを黙って見ていられない性格で
常に事件の中心にいる。


祖父・バルギスが使用していた刀”ウロボロス”を使用している。

本人はただのナイフだと思っているが、これが神器に匹敵する
武器ではないかと言われている。
バルギスが聖騎士時代に使用していた武器と思われる。

魔力:希望(ホープ)
みんなの想いが力に変わる魔力である。
破壊型・付呪型・変性型・回復型の全ての力を使うことができる。
パーシバルのイメージで魔力を具現化することができる。

ドニー

パーシバルが”神の指”から降りてきた時に
偶然出会った元サーカス団の一人。
リオネス聖騎士長ハウザーを叔父に持つ。
聖騎士の訓練を逃げ出してきた。

パーシバルに触発され、聖騎士を目指していた時の
志を思い出す。
仲間を思いの、心の優しい人物である。

魔力:浮遊?
対象の人やものを浮かせることができる。
ただ浮かせる威力などが低く、魔力もそこまで高くないようだ。

ナシエンス<凶器の薬師(マッド・ハーバリスト)

旅の途中の木霊の谷(妖精族と巨人族が暮らす地)で出会った青年。
自分の中に取り込んだ毒を調合などできる魔力を持っている。
パーシバルの助けによって自身の故郷を救うことができたことで
パーシバルと共にキャメロットを目指す。

パーシバルのことを「モルモット」と呼んでいる。

魔力:調毒(ミクスベノム)
自ら毒を摂取し体に覚えさせることで、
毒を自在に生成し合成することができる。
主に付与型と変性型を使う。

シン

人間の言葉を話すキツネ。
キャメロットと敵対する精力の命で、「黙示録の四騎士」を探している。

まだまだ謎が多いキャラクター。
噂では七つの大罪の誰かではないかと言われている。
キツネということもあり、〈強欲の罪(フォックス・シン)〉のバンではないかと噂されている。

アン


旅の途中で「シスタナ」と呼ばれる街で会った聖騎士を目指す少女。

相手の嘘を見抜く力を持っており、
剣の実力もなかなかものである。
パーシバルと共にキャメロットを目指す。

魔力に関してはまだ不明である。

その他

バルギス


パーシバルの祖父

パーシバルの実の祖父であり、育ての親。
物語の序盤に実の息子であるイロンシッドに殺されてしまう。
彼自身も元キャメロットの聖騎士。

物語当初に殺されたため、魔力などは不明である。

ハウザー

前作「7つの大罪」でもサブキャラとして頻繁にでてきたハウザーがこのタイミングで出てきました!

聖騎士長であり、その力は現在も健在!

エンドリン

ハウザーの元弟子の一人で、ドリーの兄弟子である。

自身の魔力で聖騎士になることが無理だと考え、
ハウザーの元から逃げ、山賊のリーダーとして
「カントの街」に居座っていた所、パーシバル一行と出会った。

魔力:偽物(イミテーション)
魔力を使用し、本物と瓜二つの見た目と質感を持つ作り物を生み出すことができる。これはあくまで幻である。

キャメロット聖騎士

スポンサーリンク

キャメロットの王・アーサーに使える聖騎士たち。
原作の「アーサー物語」通りだとすれば13人の聖騎士がいると思われる。


今後パーシバル一味の旅の途中で敵対してくるのではないだろうか。

イロンシッド

パーシバルの実父。

実の祖父を殺害し、実の息子であるパーシバルも二度
その手にかけている。

キャメロットのアーサー王の命令に忠実な聖騎士である。


親子だけあり、祖父のバルギスにその容姿はとてもいている。

魔力:切り刻む系?
魔力の名前自体はまだ出てきていなが、
「斬撃」のような攻撃を飛ばす。
地面に大穴を開ける攻撃などもあり、
まだ全体像が不明である。

黒の騎士ペルガルド


キャメロットの聖騎士。

魔力覚醒前のパーシバルと戦い。
パーシバルの魔力を覚醒させた張本人である。

聖騎士としての実力はかなりのものである。
イロンシッドとも一線交える機会があったが、
力はほぼ互角のようだ。

魔力:焔(ホムラ)
名前の通り、威力のある炎系統の魔力が使用する。
街一帯を炎に包むほどの威力を持っている。

琥珀の騎士タリスカー


キャメロットの聖騎士。

木霊の谷でパーシバルと戦い、
魔力の使い方に順応してきている
パーシバルに敗北した。

魔力:天災(カラミティ)
強大な魔力で天候を自在に操る。
主に雷系の魔法を使用している。

モートラック

「シスタナ」の街でパーシバルたちと交戦中に
イロンシッドを止めるために一瞬登場した聖騎士。

魔力:???

まとめ

本日は、週刊少年マガジンで連載中の「黙示録の四騎士」のメインキャラクターについて紹介しました。

前作のキャラクターも後半になるにつれて出てくるかもしれまでん。
また、彼らの子ども世代の登場も楽しみですね!

まだまだ、これからキャラクターが増えていくと思いますが、
その度に追記していけたらと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました