大分在住の大学生が教える美味しい佐伯ラーメン『ら~めんRISA』を紹介

ラーメン

どうも大分県在住の大学生、yasuです。

大分は温泉が有名な県として知られていると思いますが、いろいろとグルメもあるんです。県民に愛されるのが、とり天や唐揚げなどの鶏肉を使った料理です。大分県は鳥の消費量全国1位ということもあり、多くの人にとり天や唐揚げが食べられています。

また、大分県内のラーメンを見ても北と南でかなり味が違ってきます。

今回は大分県の南部佐伯市から、おいしく、安く、沢山食べることができる”佐伯ラーメン”を紹介します。

スポンサーリンク

大分県佐伯市『ら~めんRISA』(しょうゆ豚骨)

ラーメン1.5玉 650円

今回は始めて訪れたお店だったので、そのままの味を楽しむために普通のラーメンをいただきました。

スープは醤油豚骨です!店主が独学で、豚頭、ゲンコツ、モミジを使用し作り出したあっさりとしたスープになっています。さらに、佐伯民が好むよう醤油のタレを効かせた仕様になっています。

麺は佐伯ラーメン特有の中太の柔らかい麺で、チャーシューは、厚く軽くフライパンで焼いているため、香りもよく、コクのある脂がでていました。

基本的なトッピングは、シャーシュー2枚、ネギ・もやし(場合によってはノリ)・ゴマです。

<感想>

スープは他のラーメン屋さんと比べても比較的あっさりとしていて飲みやすかったです。あまりスープまでは全部飲み干さない私でも今回は最後までおいしく全部飲み干しちゃいました。笑

チャーシューと麺の相性は抜群!シューシューは焼き豚のような感じであったため、麺と絡めて食べた味は最高でした。

店主のおすすめとしては、スープを少し残して、ごはんとトッピングのネギとチャーシューで作る『追い飯』です!ラーメンと丼と2度おいしい!そして、確実にお腹もいっぱいになります。笑

メニュー表には、、、

 

3.0玉まで選ぶことが出来るんです!

こんなに食べる人いるんでしょうか。笑

ちなみに、僕は今回1.5玉をいただきました。「少なかったら、ご飯でも後から頼もう。」と思っていたのですが、意外とお腹いっぱいになりました。かなりのボリュームで、1.5玉でもお腹は大満足した。

その他にも、お店独自のチャーシューを使っていることもあり、チャーシュー丼などもおいしそうでした!ぜひ、行った際は食べてみてください。

さらに、佐伯市の他のお店ではあまり見ない、辛麺こんにゃく麺など珍しいものが置いてました。「ダイエット中だからラーメンは…」と思っている人にも是非こんにゃく麺など試してみてほしいです!

さらに学生には優し学生割引もあり、元の値段より50円OFFで学生は食べることが出来ます!学校帰り、部活帰りにはたまりませんね~。

店舗情報

2017年11月にopenした比較的新しい佐伯ラーメン屋さんです。2018年10月には2号店となるうまいもん通り店をopen。佐伯ラーメン屋さんとしては新しいながらも、店主の独学で作り上げたスープは伝統的な佐伯ラーメンの味を忠実に再現しています。

住所:〒876-0814 大分県佐伯市東町8-22

営業時間:お昼 11:00~14:00 夜 17:00~20:00

定休日:昼は不定休、 夜は日・月曜日

席数:カウンター10席

お店の入り口前に駐車場があり、4台ほど駐車することができます。

アクセス

地図

お店自体は大通りに面しているので比較的見つけやすくなっています。

 

まとめ

味は『the 佐伯ラーメン』といった伝統的な佐伯ラーメンの味を忠実に再現していました。

ら~めんRISAさんは佐伯市街地の飲み屋街にも店舗を構えているので、飲み会後の締めのラーメンにも、うってつけかも知れませんね。

店主の方も優しく、『theラーメン屋の店主』といった感じの雰囲気でした。笑

佐伯ラーメンは、大分ラーメンとは異なるスープの味をしていて、佐伯独自の味であるように感じます。佐伯ラーメンを好きになってしまったら、豚骨の王道福岡の博多ラーメンなど意外とおいしくなく感じちゃうかもしれません。

自分も高校生の時に佐伯市内のラーメンを食べ周っていたので、佐伯ラーメンの舌になっていたこともあり、大学生になり、県外のラーメンを食べたときはあまりおいしさを感じませんでした。最近では博多ラーメンの味に慣れてしまっていますが、やはり、佐伯ラーメンを食べると懐かしく感じますね。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました