【黙示録の四騎士】第36話ネタバレ【幻獣・ケルヌンノスは強い?御神体の役割が明らかに?】

マンガ

「黙示録の四騎士36話」のネタバレを掲載しています。
まだ見てない方はネタバレを含みますので注意ください!

スポンサーリンク

前話では、ついに聖騎士アードとその相棒のケニーとの戦いが始まりました。
ケニーはまさかの幻獣ということでめちゃくちゃ強そうでしたね。。笑

本格的なバトルシーンが始まります!

では第36話の内容をどうぞ!

黙示録の四騎士 第36話ネタバレ

聖騎士の幻獣・ケニーとパーシバルの戦いが始まりました!

ケニーは煉獄に住まう幻獣のようで、
角から稲妻を作り出し攻撃してきます。

めちゃくちゃ強そう!

デカさと稲妻の攻撃をもる幻獣ケルヌンノスに手足が出ないパーシバル。

攻撃の要である角を切ろうと、身長した刀や魔力の刀で切り落とそうとしますが、

角は鋼鉄すらも超えるガーネット級の高度とのこと、、、ピーンチ

そんな時、、、

満を辞してシンが登場!

眠らされていたにもかかわらずケロッとしています。
(眠らされていたことにも何か理由がありそうです。。。)

そんなシンが、

「ったく素人め。なんでバラバラに使ってんだよ‼︎」

という言葉で、

新調した剣と魔力の剣を合わせると、、、

うぉー!魔力を宿した剣!めちゃくちゃかっこいいです。

再度、幻獣ケルヌンノスの角破壊に挑むパーシバル。

今回は見事スパっと幻獣ケルヌンノスの角を切りことに成功!

ここからパーシバルの反撃が始まります!

聖騎士・アードの思い

魔人族に対して強い”憎しみ”を抱いているアード。

これは聖戦時代に大切にしていた人々を失い、悲惨な光景を目にした彼だからの怒りなどがあるそうです。

多くの人間を撲殺した魔人族はアードにとって許せない存在であるようですね。

さらに、これから聖戦以上の非惨劇を生み出す元凶でもある<黙示録の四騎士>の存在もアードにとっては敵対心を抱き。

パーシバルを殺すことに固執しているようです。

御神体の役割があきらかに!

第34話でアードのみ結界の中に入ることができず、ナンシエンスとアナが御神体を破壊しに向かいました。

「なぜ結界に弾かれたのか?」謎でしたが今回明らかになりました。

御神体を中心に老人が張っていた結界は、村にいた魔人族に対して、殺意や敵意をもつ者の侵入を拒む力があったのです。

そのため、アードは結界内に入ることができず、結果的にナンシエンスとアナを利用して御神体を破壊することにしたようですね。

第37話は?

第37話のタイトルは「追い詰められるもの」とのこと。

この”追い詰められるもの”というのはパーシバルなのかはたまた聖騎士のことなのか気になりますねぇ〜。

シンが復活し、形勢逆転のように思えますが、これからの戦いどうなっていくのでしょうか!

また、この戦いのあとに、シンと老人の二人の関係性や二人きりでいた時の会話が明らかになりそうです!

来週も楽しみですね。

関連記事

【黙示録の四騎士】その正体は?三人はほぼ確定?【正体まとめ】
マガジンの人気連載「七つの大罪」の続編・「黙示録の四騎士」が 現在マガジンで連載中です。 タイトルにもある「黙示録の四騎士」が誰なのかの考察が 現在ネット上で飛び交ってます。
黙示録の四騎士のキャラクター紹介一覧!ストーリーや設定を紹介【七つの大罪続編】
 大人気漫画『七つの大罪』で起こった聖戦の16年後が『黙示録の四騎士』で描かれています。

https://handigvlog1997.com/mokushiroku-yonkishi-33-spoil-sinban-2496

コメント