【黙示録の四騎士】第4話ネタバレ&考察【英雄型の魔力VS黒の騎士の魔力】

マンガ

「黙示録の四騎士」第4話のネタバレと考察を掲載しています。
まだ見てない方はネタバレを含みますので注意ください!

前話、黒の騎士ペルガルドとの戦いが始まりボコボコにされていたパーシバル

最後に、拳にオーラを宿したシーンで終わっていました。

第4話ではどのようなお話になるのでしょうか!

*第37話公開以降に書いた記事になります。

黙示録の四騎士第4話『未知なる力』ネタバレ

パーシバルの拳に宿るオーラはまさに彼の魔力!!!!

パーシバルの拳から放たれるオーラでペルガルドが吹っ飛びます。

この魔力にペルガルド自身も少し驚きの様子。
ついにペルガルドも魔力を使って戦い始めました。

パーシバルも自身の魔力を使って対応しようとしますが、
相手の魔力の操作の方が何枚も上手。

今覚醒したばかりのパーシバルが未だ押されている状況。

致命傷を受けたはずのパーシバルでしたが、
体全体を魔力が覆い、回復。

いったいパーシバルの魔力の能力とはなんなのでしょうか….!?

次回ついに、パーシバルの反撃が始まります!

第4話の考察

黒の騎士・ペルガルドの魔力

まさかのパーシバルの魔力の覚醒によって、
ペルガルドも魔力を使わざるを得ない状況に。。。

そんな、黒の騎士ペルガルドの魔力は、、、

!!!

炎系統の魔力でかなりの威力!!!

ただ単に炎で攻撃するだけでなく、追尾機能もあり、
相手に当たるまで追いかけてきます。

さらに、この炎は

スポンサーリンク

・相手を焼き尽くす
・術者が術を解く

のいずれかをしない限り解けることはないとのこと。

これにどのようにパーシバルは対応していくのか!?

4つの魔力の型

前作7つの大罪では概念自体で出てこなかったのが、

魔力の”型”です。

今作<黙示録の四騎士>では、”4つの型”が存在します。

1つ目が、「破壊型」の魔力。

2つ目が、「符呪型」の魔力。

3つ目が、「変性型」の魔力。

4つ目が、「回復型」の魔力。

という4種類に分かれています。

さらに、この4つの魔力の型すべてを扱うことのできる魔力を「英雄型」の魔力と呼んでいるそうです。

パーシバルは”魔力がない”ないと思っていましたが、
まさに、この英雄型の魔力を持っていたのです。

この英雄型の魔力を持っている人は万人に一人のみで、
この英雄型の魔力を目の当たりにしたペルガルドは、、、

ペルガルド:「英雄型の魔力を持っているとすれば、例の予言の騎士ーー。<黙示録の四騎士>に該当する可能性が高いということか….?」

とその魔力の型のみで普通ではないと考えるほど。

これからどのような展開を見せるのか気になりますね!

まとめ

第4話はどうだったでしょうか?

戦闘シーン満載の第4話でした!

パーシバルの魔力は未だ謎に包まれていますが、
彼の魔力が他とは違いかなり特殊なことはわかりました。

またペルガルドはさすが聖騎士!
攻撃の種類や威力はさすがとしか言えません。

次回決着がつくのでしょうか!?

第5話のタイトルは「<黙示録の四騎士>」とのこと。

https://handigvlog1997.com/mokushiroku-no-yonkishi-spoiler-samary-2998

コメント