モーリシャス座礁事故の概要と現状、日本からできる支援と寄付を紹介

時事

どうも、yasuです。

本日は、世界では大きなニュースになっているが、日本ではあまり大々的に報じられていない
モーリシャス座礁事故についてまとめてみました。

海外のニュースなどでは、早い段階で速報などとして大きく取り上げられていたこのニュースですが、日本ではあまり取り上げられてないことに個人的には不思議に感じます。。。

なぜ疑問を感じるかというと,,,この事故を起こした貨物船は日本の貨物船なんです。
なぜ、日本がまず報道しなかったのでしょうか。

このニュースについてまとめていきます。

モーリシャス沖座礁事故の概要

貨物船 WAKASHIOは、長鋪汽船(岡山県笠岡市)が所有し商船三井が運行を手配していた貨物船であった。


出典:CNN ホームページ

時系列まとめ(8月20日現在)

7月25日 商船三井が運航する大型貨物船WAKASHIOがモーリシャス諸島沖で座礁。

8月6日    タンクの切れ目から燃料が重油1000トンが流れ出した。

8月11日 商船三井が社員6名現地へ派遣。

8月13日 船内に残っていた重油の回収が完了。

8月19日 船内に穴を空けて沈める計画が明らかにされた。

大型貨物船「WAKASHIO」に積まれていたのは約3800トンの重油であった。そのうちの約1000トンが座礁により流出した。

貨物船の乗務員は、インド人3人、スリランカ人1人、フィリピン人16人の計20人が乗船していた。

本来、島から沖合16~32kmを航行しているはずであった”わかしお”だが、座礁した地点は、沖合1.5kmの場所であった。

航路を誤ったか、悪天候により流されたかなどが疑われているが、船員への取り調べでは、事故前に誕生日パーティーを開いていたことがわかった。無線通信wi-fiに接続するために島へ近づいていた可能性もあげられている。

これから事故に関する捜査が進んでいくと思われますが、政府規模の事故となると想像もつかない賠償責任が求められることになるのは間違いないでしょうね。

考えただけでもぞくっとします。。。。

日本の企業にも関わらず、日本人が乗船していないことには少し疑問に思うこともありますが、今回事故が誰に、どのように責任があるのかなど気になるとこですね。

対策と現在の状況

現地では、多数の住民、ボランティアによって重油の取り除き作業が進んでいる。


出典:CNN ホームページ

船内に残っていた重油に関しては、小型タンカーなどを使い回収し、8月13日に回収が完了したことが報告されている。

重油漏れが確認された8月6日からは、重油の拡大を防ぐために、サトウキビの葉、ペットボトル、人の頭髪などを詰めた手製のオイルフェンスを海上に受けベルことで、重油の拡大への対策を行っている。

 
出典:CNN ホームページ                出典:CNN ホームページ

沿岸の海では、漏れた重油にまみれて死んだ魚、カニ、海鳥などが多数発見されているとのことである。

今回の事故で、問題視されているのがやはり、環境汚染の観点であるみたいです。この事故によって受けた影響が元の戻るには何十年もかかると言われています。

いくつもの自然保護区もあり、自然を売りにした観光業でセレブなど世界の人々から人気のあった場所だけに経済的な影響もこれからでてくると考えられます。

モーリシャスってどこ?


出典:google map

モーリシャス共和国は、イギリス連邦加盟国の一つであり、首都はポートルイスである。

アフリカ大陸の南東に位置するマダガスカル島の東に位置する島である。
共和国ながらアフリカ国家の一つに数えられている。

島の大きさは、東京都とほぼ同じで2.040㎢。

日本からの主な行き方は、ドバイ経由のフライトである。
日本からドバイまで約11時間、その後、ドバイからモーリシャスまで約6時間の計17時間である。

モーリシャスは特有の植物や動物が密集する、生物多様性のホットスポットだ。国連によると、モーリシャスの海には、魚800種、海洋ほ乳類17種、カメ2種を含む1700種の生き物の住処になっている。

スポンサーリンク

さらに、サンゴ礁や海草、マングローブが並外れて豊かな海を形成している。

重油流出によって、サンゴへの影響が懸念されている。油の影響によってサンゴが変色し、死ぬ可能性が大きくある。
現在海に住む魚の約25%が健康なサンゴ礁に頼って生きている。今回の事故が生態系に大きな影響を与えることは間違いないだろう。

日本からできることとは 寄付について

現在以下の方法で寄付をすることができる。

もし少しでも興味がある方はぜひ、以下のURLからホームページへとんでみてください。

・モーリシャス野生動物財団(Mauritius Wildlife Foundaiton)
https://www.mauritian-wildlife.org/donate

・Adish Maudhoさんが立ち上げたクラウドファンディング
https://www.gofundme.com/f/in-this-together-mauritius-diaspora-crisis-appeal?utm_source=customer&utm_campaign=p_cp+share-sheet&utm_medium=copy_link_more

・Shalini Ajoodhaさんが立ち上げたクラウドファンディング
https://www.justgiving.com/crowdfunding/mauritiusoilspill?utm_term=Kpe267wPw

まとめ

本日はモーリシャス座礁事故についてまとめてきました。

今回の事故はすぐには収集がつかない規模の事故なので、これからも定期的にニュースなどで目にすることがあるかと思います。

現地住民やボランティア方々が現在も頑張ってくれています。

事故現場の環境はが元に戻るにまでには数十年数かかるそうなので、モーリシャスへの被害は大きくなりそうです。

事故を起こした長鋪汽船商船三井がどのように責任をとっていくのか、他国が支援を表明している中、日本政府がどのように支援していくのかが注目です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました