【黙示録の四騎士】第34話ネタバレ【村人は魔神?アードが聖騎士⁉︎】

マンガ

「黙示録の四騎士34話」のネタバレを掲載しています。
まだ見てない方はネタバレを含みますので注意ください!

スポンサーリンク

第34話はついに謎の老人と村人の正体がわかります。
正体を知ったらみなさん納得するのではないでしょうか!!

ですが、毎回謎が謎を呼ぶのますね。笑
そこが面白いところでもありますが!

では第34話の内容をどうぞ!

黙示録の四騎士 第34話ネタバレ

前回、パーリバルとドリーを助けに向かったナンシエンスとアナ、猟師のアード。
目的は結界の中心となっている御神体の破壊であった。

アードはなぜか結界内に入れず、結界の外から村人たちを引きつけた。

結界内でにないってすぐナンシエンスとアナはドニーを見つける。
何かに苦しんでいる様子であった。

その先にはパーシバルもおり、村人たちと戯れている様子であった。

前話では村人たちと会話ができなかったが、パーシバルは村人たちの言葉を話していたっ!

その一方、アナは最優先である御神体を発見!
相馬・シルヴァンと二人で協力して御神体を倒そうとしていた。

見事、御神体を倒した瞬間、村人たちが魔神へと変わっていたのだ!

そう、御神体は”化け物たちを人間に変えている結界の装置”だった。

結界の外からその様子を見ていたアードが、

”素晴らしいこ友達べ・・・ よくぞ忌々しい魔神族の結界を破ってくれた。”

と一言。

最後にアードが真の姿を現した。。。

まさかの猟師・アードが”聖騎士”⁉︎

ナンシエンスとアナと共闘関係にあった猟師・アードがまさかの、、、。

アードがブリタニアの聖騎士でした!
おそらくなにかしらの制約で、自分自身では結界内に入れなかったため、ナンシエンスとアナを利用して魔神族の結界を破ったのでしょう。

ただ、目的が全くわかりません。。。(魔神族の滅亡ではあるらしいのですが、、、)

個人的には謎の老人が聖騎士だろ思っていたのですが、まさかのアードが聖騎士でした。笑
となると、謎の老人は魔神族の上位の存在になるのでしょうか?

来週、老人の正体とこの聖騎士の詳しい正体が明かされていくのではないでしょうか!

第35話は?

第35話のタイトルは”邪悪なる試み”とのこと。

これからパーシバル一行と聖騎士(アード)と謎の老人の戦闘シーンが始まります!

今回シンの姿は全く出てきませんでした!
さらに老人の正体もさらに謎になってきました。。。

来週からは戦闘シーンが多くなってくるのではないでしょうか!
パーシバルの新たな進化なんかも楽しみです。

さらに、魔神族たちと会話ができていたことから、
パーシバルも前作七つの大罪メリオダスのように魔神族の血が混じっているなんてこともあるかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました